トップページ > 元々性的な意味はまったく含まなかった、ストリップという言葉

なぜ、ストリップショーが広まりだしたのか?

「何のかんのいっても、やっぱり水商売なんですよね」(「花の命は短くて就職先はままならず氷河期の女子学生」「AERA」1995年10月16日号)「しょせん、水商売じゃないか」(「女性バーテンダーが増える訳」「AERA」1998年9月7日号)これは結局のところ、水商売の意味が根底ではちっとも変わらなかったということを示唆している。仕事のない女性のゆきつく先はきまって水商売で、しかも「しょせんは」「何のかんの」という表現が示唆するように、水商売は「まともでない」仕事・商売イメージのままであったのだ。

水商売の代名詞であったホステスという言葉が廃れつつある現在、水商売という言葉も少しずつその役目を終えようとしているようだ。かつて水商売の「川」には、いろいろなものが流れていた。水、酒、金、女性たち…「おみず」は全て流れ流れてどこかへいくのか、いや多分、水に還るのだろう…。ストリップとは、「ストリップ・ショー」の略語として1950年ごろから用いられるようになった言葉である。

踊り子を指す「ストリッパー」や「ストリップ・ダンサー」、「ストリップ・ティーザー」などの派生語も、時を同じくして新聞雑誌に登場している。戦前期には、女性が舞台で肌を露出することに対して厳しい取締りがなされたので、「ストリップ」という言葉が用いられることはなかった。モダン語を集成した辞典の類にも、「ステッキ・ガール」や「ストリート・ガール」は採録されているものの、この並びに「ストリップ」は見出せない。「ストリップ」は敗戦後の風俗、とりわけ性の解放や、表現の自由の獲得という社会現象に連動して浮上した言葉だといえる。

わたしは大阪駅の周辺に住んでいるので、どの大阪市内の女性のみの高収入の職場も通勤がかなりラクになるはずです。大阪駅はかなり多数の路線が通っているので、本当に便利な場所です。
僕にとって都会のオアシスはソープランドです。毎日大都会にあるオフィスビルに務めていますが、仕事を頑張れるのも、いつも気に入っているソープ嬢に応援してもらっているからです。




たとえば白水社が刊行した芸叢書の第三巻『さらす』には、「トクダシ用語」というストリップ業界用語を集めた記事も載っている。また、近年の歴史研究の成果にもおもしろいものがある。ここでは、往時の言葉遣いのありようを示す例をとりあげておく。やや時代は下がるが、引用は大阪在住の作家・藤本義一からである。

彼は1966年に『全調査京阪神周辺酒・女・女の店』(有紀書房)という本を上梓した。藤本は作家としてのみならず、風俗情報を中心とした成人向け番組『11PM』の司会者としても活躍していた。同書には多くのストリップ劇場が紹介されている。たとえば大阪・キタの項には「東宝系のOSミュージックが一軒あるきりで、全ストの楽しめるような小屋は見当たらない。

What's New
2013/09/24 注目情報を更新しました。
2013/09/20 新着記事を更新しました。
2013/09/19 女性の裸を見る手段を更新しました。
2013/09/16 全裸ショウを更新しました。
2013/09/14 ストリップを更新しました。
2013/09/12 帝都座のショウを更新しました。
2013/09/11 元々性的な意味はまったく含まなかった、ストリップという言葉を更新しました。
2013/09/08 ホームページをリニューアルしました。

オススメ紹介
エフスポット風俗火山まいど風俗ネット
独自に取材、撮影した体験取材動画、写真、漫画、女の子のグラビアやインタビュー企画など地図で探したり、出勤情報や割引イベント情報をリアルタイムで検索大阪を中心とした関西での風俗店情報を配信すると共にみんなで風俗を楽しもうぜ!